<< 牛6頭、口蹄疫の疑い=宮崎県内で2例目(時事通信) | main | マニフェストの記載項目、13日にも「たたき台」−民主党企画委(医療介護CBニュース) >>

スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


巨人元投手、桑田さんの元義兄初公判 詐欺事件の認否保留(産経新聞)

 旅館の売買の仲介を装い多額の約3億円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた会社役員、長田喜弘被告(51)の初公判が27日、横浜地裁(佐脇有紀裁判官)で開かれた。長田被告側は起訴内容について認否をしなかったため、公判は進まず閉廷した。

 長田被告はプロ野球巨人の元投手で米大リーグ・パイレーツでも活躍した桑田真澄さんの姉の元夫。法廷には白の上下のスポーツウエアで入り、神妙な面持ちで裁判官の人定質問などに答えていた。

 起訴状によると、長田被告は平成17年3月、横浜市のホテルで同市の男性に大分県の旅館の買収話を持ちかけ、約3億円を振り込ませるなどしてだまし取ったとしている。

【関連記事】
政界進出!? 桑田、球界復帰は「考えてないです」
外様頼りの巨人、V10ノルマにOB反論「生え抜き主軸じゃなきゃ」 
“首席”桑田は速球派!? 担当教授とさっそくコラボ
桑田氏、次の“勉強”は米とワイン作り
桑田氏卒論「最優秀」に A4リポート用紙96枚の大作
「裸の王様」次に座るのは…

校長らに罰金20万円=杉並の天窓転落死−東京簡裁(時事通信)
<訃報>玉置猛夫さん95歳=元自民党参院議員(毎日新聞)
“注視”“必死” 「仕分け」第2弾スタート (産経新聞)
負債3億、弁護士が自己破産…未処理も20件(読売新聞)
「日程管理が不十分」原因=3閣僚の予算委遅刻−政府答弁書(時事通信)

スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • 16:47
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
2ショットチャット
携帯ホームページ
日本ダービー
携帯ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化
現金化
レンタルサーバー 格安
競馬情報
クレジットカード現金化 比較
selected entries
archives
recent comment
  • 口蹄疫 九州地方知事会が対策の強化・充実を要望(毎日新聞)
    AtoZ (08/27)
  • 口蹄疫 九州地方知事会が対策の強化・充実を要望(毎日新聞)
    ふにゃバット (06/03)
  • 口蹄疫 九州地方知事会が対策の強化・充実を要望(毎日新聞)
    志波康之 (01/16)
  • 口蹄疫 九州地方知事会が対策の強化・充実を要望(毎日新聞)
    桃医 (01/10)
  • 口蹄疫 九州地方知事会が対策の強化・充実を要望(毎日新聞)
    道隆 (01/03)
  • 口蹄疫 九州地方知事会が対策の強化・充実を要望(毎日新聞)
    サキューン (12/29)
  • 口蹄疫 九州地方知事会が対策の強化・充実を要望(毎日新聞)
    ナーマソフト (12/24)
  • 口蹄疫 九州地方知事会が対策の強化・充実を要望(毎日新聞)
    まろまゆ (12/19)
  • 口蹄疫 九州地方知事会が対策の強化・充実を要望(毎日新聞)
    きんちゃん (12/16)
  • 口蹄疫 九州地方知事会が対策の強化・充実を要望(毎日新聞)
    ちょーたん (12/11)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM